プログラミングをスクールで学ぶときのコツ

プログラミングをスクールで学んでも、なにも身につかずに終わるということも結構あります。

プログラミングは数学が使われるため、数学が苦手な人は授業についていけないということがあるようです。繰り返し分などは簡単な数学ですが、高校数学の数列などを理解できていなかった人は難しいと感じるかもしれません。

しかし、プログラマーになるために必ずしも数学が必要なわけではありません。システムエンジニアの中には数学やプログラミングがわからないという人もいます。チームで仕事をするので、わからないことがあっても、できる人にまかせてしまえば解決します。

むしろ重要なのはチームワークや協調性、対人能力などとなるでしょう。スクールで学ぶときにも、理解ができないからといって投げてしまわないことが一番大切です。理解ができないところがあっても、気にせずに授業についていく努力をしましょう。

100%完璧に理解をしようとする人はむしろ失敗しやすいです。理解ができないところがあってもあまり気にせず、全体的に60%くらいでよいので理解をしようとする人のほうが最終的にはプログラミングをうまく習得してしまえるのではないでしょうか。

書籍で学ぶときには、一人で習得してしまうしかありません。しかし、スクールでは講師が丁寧に教えてくれます。また、同じクラスメイトの人から教えてもらうこともできます。完璧に習得しようとするよりも、むしろ人とのコミュニケーションなどを重視して、良い授業にするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *