様々なプログラミングスクールとその選び方

プログラミングスクールはコンピューターやスマートフォン上で動くソフトウェアの作り方を学習できる場所です。

学習する言語と目的別に様々なスクールがあります。小学生や高齢者向けに開かれている初歩的な知識を広く浅く教えている所もあれば、学生の就職に備えて業務で扱う特化した言語を教えている所もあります。

また既に社会人になって職業プログラマーとなった人向けにさらにスキルアップをするために特定の言語や技術にポイントを絞って講義を行っている所など様々です。また教え方に関してもプログラミングスクールにはたくさんの形態があります。

一般的な形態としては少人数のクラスで生徒に合わせた課題をクリアしたら次のステップに進む方式のものがあります。この場合、入校前の適性検査などで生徒のブログラムに対する知識に応じて予めクラス分けがされていることが多いです。

またプログラミングの基礎知識のある学生や職業プログラマー向けに教える場合は、一般の学校のクラス程度の人数に対してカリキュラムに従って学習を進めて行く方式がとられます。

さらに職業プログラマーのスキルアップや独立して起業しようとしているエンジニア向けにはマンツーマンで指導する場合もあります。このようにプログラミングスクールには教えている内容や教え方に関して様々な種類があります。

何も知らないから基礎からゆっくり学びたいのか、既にある程度の経験はあるのでさらなるステップアップを目指したいのか、自分が学びたいと思っている内容とその目的に合った所を選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *