自分の市場価値を上げるためのプログラミングスクール

日本は終身雇用の風土がまだ根強く残っていますので、新卒で就職をしなければより良い条件での転職がまだ難しい労働市場にあります。

海外であれば、全く違う異業種からの転職であったり、仕事にブランクの時期があったとしても比較的再就職が出来やすい柔軟な労働市場ではありますが、日本はまだそのような段階にありません。しかし、もしIT業界に興味があったり、ブランクをものともせずにさらにより良い条件で仕事を探したいという方にはプログラミングスクールで自分の市場価値を上げるという方法があります。現在日本は急激な少子高齢化で労働力が不足しています。更にIT業界は市場の拡大に比例して人材を集めることが出来ていないので、常に即戦力を求めています。

主婦の方で仕事にブランクの期間がある方や、異業種からの転職を考えている方はプログラミングスクールに通うことで市場価値を高めることが出来るかもしれません。プログラミングスクールで勉強をしてきたということは、立派なアピールポイントとなります。独学で勉強をすることも出来ますが、自己投資をして勉強を重ねてきたということで、企業に対して真剣であることをアピール出来ます。また、実際にプログラミングスクールに通ってみることで、自分がIT業界に対して適正があるかどうかも分かります。、技術は日々進化していますので、スクールに通うことで書籍では学ぶことが出来ない最先端の技術に触れることも出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *