今最も通るべきスクールはプログラミング

2020年、いよいよ小学校でプログラミングの授業が必修になります。

今やIOTの流れは一部の先端技術者だけで担えるものではなく、社会のあらゆるものがIT技術で繋がっていくことがインフラ化しています。そうした中で最も不足するのがプログラミング技術者です。日本では、現在でもIT技術者が慢性的に足りませんがこの傾向は今後ますます深刻になっていきます。社会の根底を支える技術者が足りないという事態は、即ち国家の力が劣化していくことを意味します。そうした観点から文部科学省の危機感は強いです。ところが仮に小学校の授業の方針を定めたからといってそれだけで子供たちのレベルが上がることは期待出来ません。なぜなら学校で教える人材が不足しているからです。

プログラミングを教える技術はまず講師がプログラムに精通している必要がありますが、それを一般の小学校の先生に求めるのは酷というものです。そこで専門のスクールの存在が大きくクローズアップされています。スクールではまず専門の講師がいて、子どもたちに興味を持たせるように様々な仕掛けを考えながら講習を進めていきます。単にカリキュラムに沿った授業では味わえないプログラムの真の楽しさも味わえるのがプログラミングスクールが小学校とは違うところです。お勉強だから、という考えではプログラミングは決して上達しません。そこに面白さを子どもたちが見つけることがとても重要ですし、そのためにはスクールの存在は欠かせないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *