プログラミングスクールの講師になるためにすべきこと

プログラミングスクールでは、数名から数十名の所属講師が受講者にプログラムの技法を教えています。

この仕事は弁護士や医師などのように特別な法律に基づいて行われるものではないため、一定の要件を満たしていれば誰でも採用選考を経てプログラミングスクールで働くことができます。プログラミングスクールで働く場合にポイントとなるものの一つは、プログラムに関する資格の保有状況です。

特に、情報処理技術者試験に参加してスキルレベル4の高度情報処理技術者の資格をいくつか保有していると採用選考で評価されやすくなります。また、使用する言語によってはその言語を開発しているベンダーが創設している資格を持っていれば、国家資格の高度情報処理技術者に準ずるかそれ以上のスキルと知識があるとみなされ、採用試験において優遇される可能性があります。

資格を保有していない人がプログラミングスクールで仕事をしたい場合は、職務経験の中にプログラムを組むことがある仕事が含まれているかどうかが大きなポイントとなります。IT企業でシステムエンジニアやプログラマーとしてある程度長期間働いていたことがあれば、必要な経歴として評価される可能性が高いです。

資格や実務経験以外では、人にプログラムの組み方を教える能力がどの程度備わっているかもポイントとなっており、プログラミングスクールによっては採用試験に模擬授業を行ってチェックされることがあります。人に何かを教える際には講師側が物事をきちんと理解できていなければならないので、働き始める前にプログラムの基礎などを一度復習しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *