費用と効果で考える求人媒体

日本が高齢化社会の仲間入りをしてからかなり経ちますが、それに伴い少子化の傾向も目立つようになってきました。

特に仕事に従事する年齢層では、その影響は大きなものです。有能な人材を確保したい企業の側では、以前のように新卒者だけではなく、中途採用やシニア世代の雇用も積極的に行っていく必要があります。企業の業績を安定させ将来への備えをするために、優秀な人材を確保するためのエンジニアスクールの採用活動は欠かせないものですが、社内ですべてのプロセスを行うのは労力の問題があり実際的ではありません。

そこで多くの企業では、何らかの求人媒体を利用しています。求人媒体にはハローワークや大学の就職サポートデスクなどのように無料で利用できるものから、情報誌やインターネットサイトなど有料のサービスなど、さまざまな種類と形態があります。必要な人材に合わせて、的確な求人媒体を選定することで、コストと労力を無駄にしないで、効率良い採用活動が可能になります。求人媒体を利用する前に、企業にとって必要な人材の条件と人数を具体的に決めておくことは重要です。

たとえば、エンジニアやITの技術者などのように専門性のあるスキルを必要とする場合は、インターネットを活用するウェブメディアでの求人が効果的です。反対に日常の生活で目に触れやすい、新聞折り込みやフリーペーパーなどの媒体もあります。これらの広告掲載は、主婦やリタイヤ世代のパートタイマー、また学生アルバイトなどの募集に向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *