求人媒体の有効な活用方法

求人媒体といえば、以前はハローワークが中心でしたが、スマートフォンやネット環境が整備されたことにより、webサイトやSNSが中心になってきています。

併せて、求人の内容が業種やキャリア、雇用形態などによって細分化されてきていることから、webサイトも業種などに細分化された、いわゆる特化型の求人サイトが高評価を得ています。したがって、企業の採用担当者は、こういった流れをいち早く察知し、例えば、求人募集を行う媒体の絞り込みや、求人媒体ごとの合格者数を取りまとめて分析するといった作業を行い、少ない予算・労力でより大きな効果が得られるよう、採用計画や選考基準の見直しを行っていかなければなりません。

さて、最近の求人媒体の傾向は、特化型に傾注していることです。ハローワークに行けば、どういった業種でも、見つかるといった時代は終わり、例えばエンジニアであれば、技術職ばかりを集めたwebサイトに人気が集まっています。そうすると、そのサイトを訪れる人は、エンジニア仕事に興味を持ってい人ですから、言い換えれば技術職の求人に興味がある人が大半ですから、例え応募が少なくとも一定レベルはクリアしており、良い人材が見つかりやすくなります。

つまり、今後の人材確保対策については、社内において、どういった経験やスキルを持った人材が必要なのか、明確に整理した上で、その職種や雇用形態等によって細分化されたwenサイトに求人広告を掲載することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *