専門業務型裁量労働制と残業代請求

専門業務型裁量労働制とは、裁量労働の一種です。

裁量労働とは、業務の性質上から時間管理が適当でない場合に、実際に仕事をした時間数の長短にかからわず、予め定めた時間数だけを勤務したものとみなす制度のことです。裁量労働にもいくつかの種類があり、オフィスの外で仕事をする外回りの営業担当者もそうですし、ここでいう専門業務型の仕事もあります。専門業務型裁量労働制とは、オフィス内で仕事はするけれども、業務の内容が専門的、創造的であるために時間管理が適当でない場合に当てはまるものです。

コンピュータのシステムエンジニアとか、デザイナーなどが該当します。こういう仕事に就いているいる人は時間をどのように使って成果を上げるかについて、いちいち上司の指示を受けるのが適当でないと考えられるからで、自分の自由裁量のもとで時間配分を決めて仕事をすることになります。このような専門業務型裁量労働制の場合は、残業代の請求という考え方が当てはまらないことになります。

実際に仕事をした時間にかかわらず、予め定めた時間数だけを勤務したものとみなされるわけですから、仮にその予め定めた時間数を超えて仕事をしたからといって残業代を請求するようなことは基本的にできません。残業代を請求できない分だけ損をするかのように思われるかもしれませんが、逆に自分の裁量のもと、より効率的な働き方をすることができれば、仮に予め定めた時間より短い時間で仕事が終わったとしても、最初に取り決めた時間分の給料はもらえることにもなるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *