エンジニアとして転職できるスクールの内容と特徴

未経験者がエンジニアになるにはプログラミングスクールを利用するのが近道です。

多くのプログラミングスクールでは、エンジニアとして就職や転職するためのコースが用意されています。この記事では、これらのコースの学習内容と特徴とについて紹介します。カリキュラムは、最初の1カ月ほどはITの基礎やプログラミングの基礎についての学習です。

HTML/CSS、Javascript、Javaなどのプログラミング言語を用いて学習します。基礎学習を終えた後、受講者はWeb業務システムやWebサイトの開発を行います。開発の形態は、受講者一人で行うところもあれば複数人の受講者がチームを組んで行うところもあるなど、スクールによって違います。

ただ、ほとんどのスクールは現役エンジニアの講師が受講者を支援し、受講者が分からないことが発生したときにはその場で解決できるように対応しています。そして、約3カ月のカリキュラムを学習を通じて、エンジニアに必要なスキルを身につけます。カリキュラム終了後は、キャリアカウンセラーが受講者の希望を聞きながら就職支援や転職支援を行います。

支援内容は、求人の紹介、履歴書やエントリーシートの書き方、面接対策などです。一定期間、就職できるまで支援を行います。なお、学習形式はスクールによって異なります。通学形式の所もあれば、オンラインによる学習の所もあります。また、受講費用もそれぞれ異なります。ただ、多くは、エンジニアとして就職するなどの一定の条件を満たせば受講費用を返金する「返金制度」を用意しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *