プログラミングでエラーメッセージが出たら冷静になる

プログラミングスキルが高い人でも、エラーメッセージを見たことがないケースはあり得ません。

人間がプログラミング作業を進める際にはケアレスミスがつきものであり、一文字も違わずコードを打ち込むことは難しいからです。ちょっとした間違いでもエラーメッセージが表示されることがあるので、画面上に表示されたら冷静になる必要があります。

発生した事象について検索するよりも、エラーメッセージを読み解く方が問題解決までの時間が短くなりやすいです。問題があればプログラミング作業したコードのとおりに動作することはなく、普段は見られない現象に悩まされることになります。そのときに冷静さを欠いて当てずっぽうで検索しても、問題の解決にむすびつく情報にたどり着くことは難しいです。

他方、エラーメッセージはプログラミング作業で生じたミスに言及されているケースが多いので、目的を達成させるヒントが凝縮されていると考えられます。プログラミングのエラーメッセージは、しばしば英語表記であることが少なくありません。英語スキルが必須であるのは間違いありませんが、義務教育で習う程度の語学力があれば問題ありません。

日本語でいうところの注意書きに該当するので、易しい表現方法が用いられるように努められているからです。もしも不安な気持ちを拭えないのであれば、英語の語彙力が高めることが効果的です。メッセージ中の単語が理解できれば、指摘されている内容を連想できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *