プログラミングを上達させるコツとは

プログラミングは難しそうな専用の言語を使って行うため、自分にはできなさそうと思ってしまうかもしれません。

しかしコツをつかむことで誰でも短時間で上達することができるので、IT関係の仕事を目指している方は頑張って学習してみるとよいでしょう。プログラミングを上達させるコツとしてまずあげられるのが、基本的な参考書の熟読です。

実はプログラミングにおいては、言語が違っても書き方については似たようなものとなっています。それを覚えることで一つの言語だけでなく他の言語を使った時にも役立つようになるので、参考書をひと通り読んで書き方を覚えてしまうことは大切です。変数の扱いや関数の作り方なども複数の言語において似たようなものなので、覚えておくと使い回すことができます。この時に難しすぎる参考書を選んでしまうと長続きしません。

APIやシステムの解説といった書籍ではなく、基礎的な解説に終始しているものを選ぶようにしてください。書き方を学んだなら、次に自分なりのプログラムを組んでみることをおすすめします。本を読んだだけではまた知識が身についていませんが、それを活用しながら試行錯誤していくことで本物の知識として体に染みこんでいくからです。

初めに作るプログラムは、参考書に掲載されているコードをもとにした簡単なもので構いません。それが動くことを確認したなら、次に自分の仕事を効率化してくれるコードを書いてみます。実用に即したプログラムを作ると、コードの書き方も洗練されるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *