勤怠管理クラウドの機能

勤怠管理クラウドはクラウド上で勤怠管理をする仕組みですが、社内で動作する勤怠管理システムと同様にさまざまな仕組みを利用できます。

また、機能の多くは選択式であり、必要な機能だけを選んで利用することもできます。勤怠管理クラウドでは打刻についても自由度が増しています。従来の打刻ではタイムレコーダーを利用することが多かったのですが、タイムレコーダーは代理打刻ができることから個人認証も含めた対応が進められています。本人確認の方法として採用が進んでいるのが静脈とICカードです。

どちらも専用のアダプタが必要となりますが、低価格で提供されるので利用する企業が増えています。本人確認ができることから勤務状況を本人に提供することもできますし、休日や残業の申請もシステムとして用意することができます。勤怠管理クラウドでは打刻について社外でも可能となっています。特に営業マンやエンジニアの場合に直接クライアントの場所へ出向いたり、自宅に直帰するケースなどもありますが、これまでは場所を確認することなく代理で打刻することになっていました。

しかし、GPS付きのスマートフォンを利用することで場所をGPSで申請した上で出退勤が申請できるようになりました。出退勤については残業についても企業側でチェックしやすくなります。従来のタイムレコーダではサービス残業がしやすかったのですが、ICカードなどで退社確認後はPCが動かないなどの方策で残業をできないようにする企業も増えています。
エンジニアスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *