フリーランスに向いている人とは

エンジニアなど経験を積んだ人は、独立してフリーランスとなるケースが増えています。

同じ仕事をしてもフリーランスとなれば高い報酬を得ることができるからです。とは言っても誰もが十分な収入を得られるかといえば、そうとは言えないものです。統計では8割は勤めていた頃ほどは稼げていないことが示されています。もちろん年収1000万円クラスの人もいますが、この仕事形態に向いている人とそうではない人とに分かれます。向いている人はまず、自分のキャリアプランをしっかりと立てている人です。

とにかく必死に獲得できる仕事を得ようとする人は、なかなか稼ぐことはできないものです。理由は簡単で、他のフリーランスとの差別化をアピールするものを持っていないからです。そうなるとクライアントとしては、早く納品できる人や安い単価で仕事を受ける人に依頼することになります。価格競争をするようになると、生活費を稼ぐことも困難となります。まずは自分がどのような強みを持つのかを定めることが必要です。

そして次に、フリーランスとして行うべき雑務を効率良くこなせる人が向いていると家ます。確定申告に必要なレシートはまめに集計したりする人は、雑務に時間を取られることがないものです。さらに新規クライアントを獲得するための営業活動も適度に行い、バランスの良い仕事の配分ができるものです。また、案外と稼ぐ人はゆとりをもっているものです。その中で新たなインスピレーションを得たりと、スキル磨きにつながる情報を得ることもできるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *