ソフトウェアを長い間使うときのテクニック

パソコンには様々なソフトウェアをインストールすることができます。

ソフトウェアをインストールすることによってそのパソコンでさまざまなことができるようになり、機能が拡張されていきます。便利なソフトウェアですがたくさんインストールすると次第に使っているマシンが重くなってしまうという問題点もあります。原因にはいくつかあります。まず1つ目の原因として、同時に起動しているソフトウェアの数が多いケースです。

パソコンで同時に処理できる数は限られています。そこにたくさんの処理が重なることで処理速度が低下してしまうのです。起動時に遅い場合はスタートアップメニューを確認し、パソコン起動時に開始されるプログラムでいらないものを消してしまいましょう。2つ目の原因として、メモリー自体が足りないケースです。

メモリーは仕事をするためのデスクのようなもので、デスクが広くなければ効率的に仕事ができません。メモリーは家電量販店で購入して追加することができます。3つ目の原因として、ファイル自体が断片化しているケースがあります。ファイルは利用しているとバラバラに保存されてしまうことがあります。これはデフラグツールというものを利用して断片化したファイルをまとめることで解消されます。

最近のマシンでは自動的にデフラグがされるため、そこまで断片化することは少なくなってします。4つ目の原因としてはセキュリティーソフトがあります。セキュリティーソフトは常に起動するプログラムやファイルを監視しているため、余計に多くの処理が必要になります。稀にセキュリティーソフトは動作を重くする原因となります。一時的にセキュリティーソフトを停止することで改善することがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *