エンジニアスクールの需要の高まり

時代の変化と共に失われたり新しく生まれたものはこれまでもたくさん有ります。

私たちを取巻く労働環境もまためまぐるしく変化するものの一つとなっており、当たり前のように有り続けるものの方が実は少ないのだということに気づかされます。産業革命以降、世界は物を大量に作れる国こそ強い国だという流れにのって物づくり主流の経済構造が続いてきましたが、現代ではそれに加えサービス業やIT関連、株取引などさまざまな要因が加わることで経済が回っています。物づくりは、かつて大量の人間を安い単価で大量に雇うことで大量の製品を作ることが主になっていましたが、現在工場で一生懸命働いているのは人間ではなくロボットです。

人間よりも、はるかに正確ですばやく大量の製品を生み出すことができるようになってからは人員に頼る必要がなくなりました。今後似たような事例が起こるとすると、人工頭脳の台頭による分析・情報処理分野を中心に人員削減が始まるということです。当たり前にあった職業が淘汰される時代に不安を感じている人が、転職する先にとして考えている職業はパソコンやロボットに搭載するシステムの構築や管理を行うエンジニアの分野となっています。

エンジニアには専門的な知識が不可欠で、職業とするには膨大な時間を勉学に励まなければなりませんが、それでもエンジニアなるためにスクールへ通う人が少なくありません。エンジニアスクールは需要の高まりを受け、全国的にも広がりを見せており子供から大人まで幅広い年代の生徒を受け入れています。エンジニアとして、スクールの課程を修了した人には就職先を斡旋するサービスを行っているスクールまで登場している状態です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *