エンジニアとスクールの必要性

様々な産業の質・基盤を支えるエンジニア。

確かな製品、そして信頼される品質を確保するには有能なエンジニアの存在が不可欠ですし、その育成が重要になってきます。昔は、職場・現場で先輩から後輩へ様々な技術・知識の継承が行われました。短い時間で効果的に教えられる幸運な後輩がいた半面、「何故こんなことができないんだ!」と怒鳴られながら、疑問の解消すらされないまま、不必要に長い時間をかけて技術を身に付けていかなければならない人も数多くいらしたことでしょう。そこにスクールの必要性・存在意義があります。

最新の知識・技術を効率良く、しかも疑問を解消しながら納得のいく形で身に付けていくことができるからです。また、「スクールを修了しているから、ここまではできる・わかっているはずだ」という信頼の下、スクール修了後に付加すべき技術・知識についても、基礎を身に付けている修了生には効率よく身に付けさせることができ、その分野に必要とされるエンジニアを早期に育成することができます。

効率的な社内教育を行うにも、その前段階として一定の技術・知識を身に付けた候補者であるかどうかということは、時間や費用の面からも重要な問題です。様々なエンジニアに必要とされる基礎知識や技術を各企業内教育でのみ付与するより、基礎の育成に特化したスクールは、スケールメリットの面から経済的であり、また効率的でもあります。各企業の特化した社内教育の前に、エンジニア候補者を育てるスクールの存在は、候補者側にも企業側にも意義のあることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *