プログラミングスクールはIT業界への転職に強い

バブル景気が終わってからITバブルに至るまでIT業界が人気でしたが、2000年代に入りITが普及すると性能の向上やエンハンス案件を顧客側も求めるようになり、それに応えようとするIT業界では残業が多く、いわゆるブラックな業界と言われるようになりましたが、最近ではIT業界が独自の業務効率化など働き方改革を先導するなど、今ではホワイトな産業となりました。

身につくプログラミングスクールとは

2020年よりプログラミングが小学校で必修化されるようで、近年小さなお子様でも通うことのできるプログラミングスクールの需要が高まっています。

プログラミングはスクールで学べる

プログラミングを学ぶ時には得意な人ならば独学で進めていって技術を習得することも可能ですが、自分でやってもわからない場合にはスクールに通うことを検討するのが大事です。